サイトマップ

マイカーローンを組む前に確認

車を手軽に購入する手段として、マイカーローンは便利です。現金を一括で用意しなくても新車に乗れるので、車の購入方法としては一般的です。しかし、マイカーローンを組む前に、確認しておきたい項目がいくつかあります。車は大きな買い物なので、やり方を失敗すると数十万円も損をする可能性があります。

 

契約をする前に、本当にこれでいいのか、必要な項目を確認しておきましょう。ほんのひと手間で、大きく得をする可能性があります。マイカーローンを組む時に、意外と見落としがちなポイントがあります。多くの人が損をしているマイカーローンの見直しポイントは3つあります。それは契約先と、頭金と、下取り査定です。

 

マイカーローンをどこで契約するか

マイカーローンをどこで契約するかというのは、意外と重要です。自動車販売店でローンが可能かと質問すれば、返事とともに毎月の支払額、契約書などすべて用意してくれます。しかし、マイカーローンの契約先は販売店だけではありません。ディーラーは信販系のマイカーローンを斡旋してくれますが、銀行や信用金庫などでもマイカーローンを取り扱いしています。

 

ざっくりと説明すると、ディーラーの斡旋するディーラーローンは金利が高い代わりに手続きが簡単で審査に通りやすい傾向にあります。銀行系のマイカーローンは金利が低い代わりに、手続きは自分で行う必要があります。

 

ただし、銀行系のマイカーローンをきちんと探して契約すれば、支払総額で数十万円もの差が出る可能性があります。今から契約するディーラーローンの金利が5.0%以上であれば、大きく損をしている可能性があります。

 

探せばいくらでも金利が安いマイカーローンはあるので、手軽だからとディーラーローンで契約をしてしまうのは損をする可能性があるのです。大きな金額を借りることになるマイカーローンは、しっかりと比較検討をしてから選ぶ必要があります。

 

 

頭金のメリットについて

ローンを組む時に頭金を入れるのが一般的でしたが、最近は頭金を入れずにローンを組む人も増えてきています。頭金を入れなくてもローンを組めるならば、頭金を入れなくてもいいのではと考える人もいますが、頭金を入れるのにはメリットがあります。

 

頭金が多ければ、ローンを組む金額は少なくて済みます。ローンには金利に応じた手数料がかかるので、金額は少ない方が、余計な手数料を払わなくて済みます。例えば40万円頭金を入れるだけで支払総額に数万円の差がでる可能性があります。

 

また、頭金を入れた方が、マイカーローンの審査では有利になります。頭金を入れるのであればそれだけお金を用意できるという点で信用がつきます。また、頭金を入れた分だけ借入金額が少なくて済むので、それだけ審査も通りやすくなります。

 

頭金を入れなくてもいいのですが、入れておいた方が支払総額の面でも審査の面でも有利になります。

 

特に金利が高くなりがちな中古車ローンの場合には頭金を入れてローンの金額を小さくしておくと、金利による利息負担も削減できるようになります。利息の支払いは余計な出費でしかないので、なるべく払う利息額を減らせるようにローンを利用した方が良いでしょう。

 

今乗っている車の下取り

車を乗り換えるのであれば、今乗っている車を下取りに出すのが一般的です。車を高く買い取ってもらえれば、それだけ購入する車の購入費用の足しになります。その為、車をいくらで買い取ってもらえるかは、マイカーローンの借入れに必要な金額に直接影響します。

 

しかしながら、車の下取り価格はディーラーの言いなりという人は多いです。中には思ったよりも下取り価格が低くて、泣く泣く妥協する人もいます。しかし、車は必ずディーラーに下取りに出す必要はありません。高く売れる所があれば、好きな販売店へ買取りに出しても良いのです。

 

マイカーローンを組む前に、乗っている車の査定額についても確認しておきましょう。全く同じ車でも、販売店によって買取価格は大きく変わる場合があります。販売店によって需要の高い車が変わってくるためです。ディーラーに下取りに出す場合には、価格交渉がほとんどなく、相場よりも低い金額を提示される可能性が高いです。

 

様々な販売店での買取価格を調べ、1円でも高く買い取ってもらいましょう。