サイトマップ

ローンは金利で変わる

マイカーローンを組む時には、金利と支払総額を必ず確認しましょう。毎月の支払金額を提示されて、これなら払えると即決するべきではありません。何故なら、きちんと比較をすれば、これから組むマイカーローンがお得なのかどうかがはっきりするからです。マイカーローンにおいて金利はとても重要です。支払期間が長く、借入金額も大きいローンになるので、1%金利が違うだけで、支払総額に大きな差が出ます。

 

例えば頭金、ボーナス払い無しの7年払いで300万円のマイカーローンを組んだとします。もしもディーラーローンの金利が7.0%だった場合、毎月の支払額は45,278円となります。この場合の支払総額は380万円を超えます。利息だけで80万円以上も払っているのです。

 

しかし、銀行のマイカーローンの中には、低金利なものもあります。もしも2.0%のマイカーローンを組んだ場合には、毎月の支払額は38,302円になります。毎月の支払額はローンを変えるだけで7,000円も下がるのです。支払総額は約322万円となり、払う利息が60万円近く減ります。

 

マイカーローンを組む時に、毎月の支払額だけしか見ない人や、ディーラーローン以外の選択肢を初めから外している人は、マイカーローンで大きく損をしている可能性があります。

 

また、ローン返済を効率的に効果的に進めたい方、繰上げ返済で早めの完済をしたい方なども、ディーラーローンは向いていないと言えます。返済を積極的に行えるマイカーローンの繰上げ返済は、その自由度の高さや返済の手間などの面でもしっかりと見ておく必要があるので、損をしないマイカーローン利用のためにもディーラーだけで考えるのは控えるべきなのです。